調査・レポート

【レポート③】民泊物件を徹底調査 〜大阪エリアの収益性は日本1?〜

投稿日:2017年5月30日 更新日:

今年5月23日に大阪府が、2025年の万国博覧会の開催候補地として正式に立候補し、ロシアのエカテリンブルグ、アゼルバイジャンのバクー、フランスのパリと競い万国博覧会招致に向けてより一層準備を進めることになりました。

Airbnbが選んだ「2016年に訪れるべき世界の16地域」でも、大阪市中央区は堂々の1位に輝いており、今まさに世界が注目する地域であるといっていいでしょう。

【Airbnb Press: Be the First to Uncover the Next Local Gem: Visit the Top 16 Trending Neighborhoods on Airbnb in 2016】

 

図1: 主要観光地の外国人宿泊者数

出所) 観光庁のデータを集計

 さて、上図は全国主要観光地の外国人宿泊数ですが、大阪府は東京都に次ぐ2位となっています。東京都と比較すると宿泊者数は約半数にとどまっておりますが、東京都除いた観光地の中では群を抜く結果です。

 

図2: 主要観光地の民泊物件数

注) 図は2016年時のデータ
出展) AirbDatabank

次に、図2は民泊の物件数をグラフ化したものです。民泊物件数においても大阪府は東京都に次いで2番目に多く、約10,000件となりました。こちらも外国人宿泊者数と同様、東京都を除く観光地の中では1番多くの物件数となりました。

また、大阪府は国家戦略特区域外外国人滞在施設経営事業、通称特区民泊としても認定されているほど、民泊に対して関心の高い地域と言えます。一方で、2017年5月23日現在、大阪府(大阪市を含む)に認定されている特区民泊物件数は88施設154室と、全体の1万件に対して約1.5%しかありません。これは、認定取得に対するハードルが高いことを表しています。

国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業特定認定施設一覧

民泊の合法性・違法性に興味がある方は、法律のプロが執筆した法律コラムをご覧ください。

【民泊総研・法律コラム】

 

前回と同様に

大阪府の収益分析を行いました。

図3: 大阪府/エリア別収益分析

図3(2016年、1R) 縦軸:平均収益、横軸;家賃相場、円の大きさ:民泊の物件数 (サンプル数:10,768)
出所) 平均収益、物件数:Spike, 家賃相場: Home’s より作成

上図の通り、先述の中央区と浪速区における収益性が高いことがわかりました。また、損益分岐線(平均収益=家賃+3万円を示す)よりも上に位置する区が中央区・浪速区に加えて北区、淀川区、東淀川区、都島区、福島区、天王寺区、阿倍野区、西区、大正区、港区、西成区、此花区の14区存在することが分かりました。大阪市外でも高槻市では物件数は少ないものの損益分岐線を越えています。

冒頭のAirbnbでも取り上げられた中央区では、月ごとの見込み利益が約8.1万円となり、その次に高いのが約7.9万円で福島区となりまし。福島区が人気の理由として、ターミナルとなる大阪駅、新大阪駅から近く、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへのアクセスが良いという立地から、宿泊需要が高くなっていると考えられます。此花区は2025年万国博覧会の主な会場として考えられているため、不動産投資として新たに民泊を始める際には狙いどころとなるかもしれません。

まとめ

本レポートではAirbnbでも人気である大阪エリアに焦点をあてた分析をご紹介しました。大阪は、物件数や外国人宿泊者数では東京より下回るものの、東京と比べ安いことを考慮すると、日本一収益性が高い可能性がある優良なエリアと言えます。また、2020年東京オリンピック以降のインバウンド需要に関しても、万博の候補地になった大阪は狙い目であると言えるでしょう。

 

■執筆者紹介
 
留田 紫雲 (とめだ しゅん)
民泊総合研究所 シニアフェロー
不動産ディベロッパーにて、外国人賃貸集客事業の責任者を経て、2015年11月に不動産×ITの事業展開する株式会社VSbiasを創業。テクノロジーの力で空間資産を解明・最大化させることをミッションとする。20167 同社を株式会社メタップスに事業売却し、最年少子会社社長として事業を推進している。

-調査・レポート

執筆者:

関連記事

住みたい街ランキングで人気の街は、民泊でも泊まりたい街なのか?人気住宅街の民泊ランキングをSPIKEデータが発表

前回は【 民泊でもっとも稼げる山手線の駅 】を紹介しました。今回は【 民泊でもっとも稼げる人気住宅街 】をSPIKEデータを用いて明らかにしていきたいと思います。 ▶ 民泊でもっとも稼げる山手線の駅は …

東京で最も稼働率が高い民泊エリアはどこ!?SPIKEデータが民泊稼働率ランキングを発表

民泊事業への参入を検討するとき、最初に悩むのは「どのエリアで物件を探すか」ということなのではないでしょうか。 民泊は、各地で急速に民泊物件数が伸びていることに加え、季節変動性もあるため、どのエリアが民 …

【レポート①】民泊物件を徹底調査 〜人気物件に共通する意外なアメニティとは〜

2020年のオリンピック開催に向け、観光業界が盛り上がってきている。日本は経済成長戦略の一環として、「観光立国」を目指しており、2020年に4000万人、2030年に6000万人の外国人観光客を誘致す …

民泊でもっとも稼げる山手線の駅はどこ!?山手線主要駅の収益率ランキングをSPIKEデータが発表

先日は【 東京エリア 民泊ランキング 】を発表しました。 今回はもう少しエリアを絞り、駅単位で民泊ランキングを出してみたいと思います。東京都中心部の駅をカバーしている路線といえば、皆さんお馴染みの山手 …

【レポート②】民泊物件を徹底調査 〜東京23区の収益性分析〜

 住宅宿泊事業法(通称 民泊新法)が閣議決定・国会提出されるなど、近年ますます観光立国に向け民泊の活用が推し進められています。 一方で、法整備が進む中で参入者が増加してきたことで、現実的に民泊運営によ …